30周年記念アンケート
教室にまつわるコメント集
 
アンケートでお寄せいただいたレシピ以外への皆さまの楽しい声をご紹介いたします。


11(う)〜21(か)〜31(こ)〜 41(た)〜
51(な)〜61(ひ)〜71(む)〜81(わ)〜


01 20代半ばで外資系金融に転職して以来、25年以上通っています。入会後まもなく知り合って今も付き合いが続いている友達もいます。また、初期のころキッチンウィッチを通じて購入したお椀やデザート用の食器は今も使っています。会社生活だけでは知り合えないような方々とご一緒できるのが楽しくて長年通っています。こんなに長く続けている習い事は他にありません。会社勤めには有給や病欠がありますが、お料理教室ではそういうわけにはいきません。30年もの間キッチンウィッチを継続するため、中島先生がどれだけ大変な思いをされたかと思うと頭が下がります。これからも健康に気を付けて、なるべく長く続けてくださることを願っております。 (Ao.Maさん)
 
02 「出汁」、料理の名前ではありませんが、キッチンウィッチで得た一番大切なことは、だし、だと思います。いまはインスタントのだしもだいぶ自然志向になったようですが、昆布と鰹節、あるいは煮干しなど、だしをとることを当たり前にしていただいたのが一番の財産と思っています。息子がカップラーメンなどの強い味に憧れていた小学生時代に一計を案じ、夏休みの自由研究に「だしの研究」をやらせました。まさに親のやらせでしたが、銀賞をいただき、以来息子の味覚は徐々に変化。化学調味料を好まないようになりました。これも一重にキッチンウィッチのおかげと感謝しております。 (Ar.Kaさん)
 
03 中島先生のお人柄の様に、毎回気品よく盛り付けられたお料理にわくわくし、一品一品五感で味わいながら頂く幸せなひと時に出会え、有難く嬉しい思いです。 帰路、喜ぶ家族へ張り切って(?)紀伊国屋で珍しい食材調達の日もあります。 これからも宜しくお願い申し上げます。 (Is.Yaさん)
 
04 「夏野菜の涼煮(早煮)」について語らせてもらいます。私が嗚呼思い返せば・・・KWに入会し、お料理に励み、小出刃を購入して、嫁に行く日を夢見て早十○年が過ぎゆきました。「小出刃を買うと結婚が決まる」というジンクスはどこまで有効なんでしょうか。時効はないという拡大解釈で以後も諸々邁進したく、ここに決意を新たにいたしたいと存じます(くどい)。 追伸:本当はまだまだ書きたい…「ひき肉と野菜のおしあわせ煮」も「春のうららの汁かけご飯」も書きたかった・・けど他の方が寄せてくださるだろうと思い、泣く泣く次点に分類です(そんなのが多すぎます!) あとはね、センセイへのラブとか、お道具のこととか、書きたいこと山積みで汲めども汲めども尽きません。 (Ic.Ayさん)
 
05 回答がギリギリになってすみません。また、お忙しい中ありがとうございます。まだまだ厳しい暑さが続きますが、どうぞお身体ご自愛ください。これからも宜しくお願い致します。 (Ic.Miさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

06 来客の時など、季節に合わせたメニューを選びます。本当に先生のレシピ、お世話になっております。皆様びっくりしますよ。ありがとうございます。 (It.Kiさん)
 
07 中島先生に出会えましたことは私にとって財産だと思っております。料理だけではなく先生のお人柄から様々なことを学ばせていただけいることを本当に心から感謝しております。30周年を迎えられる先生にお祝いを申し上げるとともに、この先もずっとずっと先生の大ファンの私たち生徒のためにもお体にお気をつけてこのステキなお教室を永遠に続けて頂きたいと切に願っております。 (It.Hiさん)
 
08 会社の仕事に追われて、遅刻や参加日の変更も多く、不良な生徒のままずっと通わせて頂いて、先生や教室の皆様に感謝しています。先生のきめ細やかな説明や、教室で一緒に作ったお料理を皆さんとおしゃべりしながら食事ができるのが本当に楽しくて、気がついたらもう30周年とのこと、びっくりです。中島先生、これからもたぶん(?)不良な生徒のままかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。 (Iw.Naさん)
 
09 先生、お元気でいらっしゃいますでしょうか。先日は久しぶりにお会いできまして、とても嬉しく懐かしかったです。娘の鳥人間も完走とはなりませんでしたが、飛ぶことが出来て感動しました。親子共々良い思い出となりました。 この度は早々にご連絡をいただいておりましたのに、お返事が遅くなり申し訳ございません。Kitchen Witchでは沢山の美味しいお料理だけではなく、いろいろなことを学ばせていただきました。初めて見る野菜、魚、貝、調味料、そして日本酒・・・残念ながらそれらをすべて使いこなせてはいませんが、魚もなんとかさばけるようになりました。 この間も送られてきた金目鯛を10匹もさばき、おすそ分けした魚好きの義理の兄にも「出来るじゃない」と褒めてもらいました。ついつい切り身しか買わなかった私にとって、これも全てお教室のお陰です。 沢山の貴重なレシピはいつのことかわかりませんが、もちろん娘の嫁入り道具にするつもりです。それまで私も1つでも我が家の定番を増やしていきたいと思います。この度事務局となられました皆様方、お返事がギリギリになりました事深くお詫び申し上げます。まだまだ暑い日が続きますが、どうぞお身体ご自愛くださいます様、またKitchen Witchの益々のご発展をお祈り申しております。 (Ue.Shさん)
 
10 中島先生、ご無沙汰しております。ますますお元気でご活躍のご様子何よりでございます♪お教室では本当にたくさんのお料理を楽しく教えていただきました。使い方のわからない食材もたくさんあったのですが、その中で、うどや芋がらなどはおかげさまで今では大好きな食材になっています。お気に入りのレシピもたくさんあり過ぎてどれにしようかと挙げ切れないのですが、ひとまず思いつくものを少し挙げさせていただきました。30周年記念、楽しみですね。おめでとうございます!それではまた。より一層のご活躍をお祈りいたします。 (Uz.Yoさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

11 お教室の30周年、おめでとうございます。いつもご指導ありがとうございます。お料理歴も短くてまだまだヒヨコな私ですが、どんなに基本的なことでも丁寧にご指導をしていただけて感謝です。 お料理をするというと、どうしても洋食になってしまいがちな世代の私ですが、お教室に通いはじめてから、様々な季節の食材や、日本料理ならではの調理方法、調理器具と出会って、日本料理の素晴らしさを沢山学んでいます。 まだ魚のおろし方もうまくできない私ですが、これからも沢山のことを学んでいけたらと思いますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。 (Um.Naさん)
 
12 中島先生KW30周年おめでとうございます。2004年11月-2007年4月まで数多くのお料理を教えてくださり、ありがとうございました。先生のレシピはどれも素晴らしくて、選択に悩みました。今もレシピは大切にファイリングして参考にしています。 2008年2月から2年間アメリカフロリダ州マイアミへ主人の仕事で駐在した時も、荷物の中に入れて持って行きました。 教室で購入した調理道具・テーブルウェアも持参して、大活躍でした。 お教室では初めて扱う食材も多くあり、エピソードを交えた講義は楽しく勉強できました。調理道具の扱い方、テーブルセッティング、洗物の仕方まで学ぶことができ、これから花嫁修業する方には完璧なお教室だと思います。 今現在は教室に参加できませんが、また必ず復帰したいと思います。中島先生、本当にありがとうございました。 先生の優しさ溢れるお料理の数々どれも大好きです。益々のご活躍お祈りしています。お元気で、またお会いできる日を楽しみにしています。 (Ur.Hiさん)
 
13 先生がレシピに描く絵が好きです。材料の間の食材であったり、切り方の説明の絵など、先生のやさしさとユーモアを感じます。美味しいお食事と楽しいお喋りの試食タイムは贅沢な時間でした。今はお教室に単発でしか通えませんが、いつも機会があれば参加したいと思っています。本当に30周年おめでとうございます。 (Eg.Toさん)
 
14 中島先生、30周年おめでとうございます。1993年4月〜代々木八幡のお教室に通わせていただきました。毎月届くお葉書が楽しみでした。最初は、Ma.Yuさんとふたりで通っていましたが、私がお誘いをして、Na.Miさん・Ma.Yuさん、Sa.Kaさんも加わりました。本当に楽しい時間をありがとうございました。お教室で知りあったFu.Taさんとは、時々お手紙やメールのやりとりをしています。 (Oh.Miさん)
 
15 キッチンウィッチに通うと毎日のお料理を丁寧にしよう、ちょっとした手間をかけるようにしよう、といつも思えるのでとてもありがたいと思っています。 四季を感じながら美味しい日本料理を五感でいただくと、本当に日本人でよかったと思います♪ もう20年近く通っていますが、いまだ発見が多く、先生には感謝しております。 今後ともよろしくお願いいたします。お教室のますますの発展をお祈りしています。 (Oh.Ayさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

16 先生のお教室に通って四年目になりますが、お教室に通ってから明らかに私の料理がかわりました。教えて頂いた料理全部を家で作るわけではありませんが、旬のものを旬の時期に料理したり、今まで使った事の無い食材をつかったりと以前とは格段に違います。 先生が「日本料理には季節があり、お料理で季節感を出すのは他の料理では無い。お料理屋さんで頂くだけでなく、日本人としてそれを家庭でしっかり 作って伝えていってほしい」とおっしゃったのがとても私の心に響きました。30年前からお教室が続いていたのならもっと早くお教室に通いたかったと今思います。 (Od.Maさん)
 
17 ご飯物も美味しいです!辛子酢味噌やゆず味噌、ごま酢なども参考によく作ります! (On.Taさん)
 
18 30周年になるんですね。アシスタントとして少しでもお役に立てたことうれしく思っております。アシスタント時代に、七夕素麺用の竹筒をネットで探したりしたことなど懐かしく思い出しました。 (On.Akさん)
 
19 おせちを先生のお教室で教えていただくことで毎年手作りおせちをつくっています。おせちはとかく忙しい年末につくるものなので買ってしまえば楽なのですが、きちんと願いを込めてつくったものは、多少形がきまらなくてもとても上等で、毎年よいお正月になります。 (Ka.Yoさん)
 
20 お教室に通ってから初めて知る魚や食材もあり、とても勉強になり、かつ面白いです。私は日本食の奥深さのまだ第一段階でしょうか。これからも探究していきたいです。 正直言ってデザートはあまり作りませんが、おかずはヘビーローテーションしているメニューが何品もあります。本やネットでは伝わらないお教室ならではの魅力を発揮していって欲しいです。 (Ka.Yoさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

21 これから先を健康で過ごすためには、なにより食生活が大きな鍵。そして、料理をすると手先や頭を使うので老化予防に効果的。とは言っても、時間や手間がかかるものは、つい億劫になってしまいます。そこで、大変役に立っているのが、旬の手軽でおいしい料理。旬の食材だと手間を少し使っただけでもそのおいしさに助けられ、体にも良い、おいしい料理に仕上がります。今後も旬の手軽でおいしいレシピ、期待しています。 (Ka.Kaさん)
 
22 30周年おめでとうございます。私は1994年、お教室に入れていただき、1年位続けましたが、その後ずっとお休みいたしておりました。今年から20年ぶりにご縁をいただき、またお稽古が始められるようになり、本当に感謝です。先生のレシピには、20年間ずっと助けられてきました。先生は全然お変わりなく、再会ができて嬉しかったです。益々のご繁栄をお祈りいたします。今後ともよろしくお願いいたします。 (Ka.Kaさん)
 
23 いろいろな思い出が、レシピをみていると浮かんできます。あー私も若かった!夫が「死ぬまでに全部食べたい」と子供メニューに押され気味な今日この頃申しております。ホントに頑張って作らないと。沢山のレシピ、私の宝物です。 (Ka.Yoさん)
 
24 代々木八幡のお教室のことなど懐かしく思い出しました。歴代のアシスタントの方々にもお世話になったことなど本当に懐かしく思い出しました。30周年が楽しみですね。 (Ka.Toさん)
 
25 長いので思い出はたくさんあります。キッチンウィッチで学んだこと、・魚がおろせるようになった。・キノコが食べられるようになった。・ハモ、あわびなど、家で調理したことないものを学んだ。・家で揚げ物をやるようになった。・器の重要さを教えてもらった。・さまざまな食材、調味料について教えてもらった。などなどです。最近では、趣味でやっている金継ぎを皆様に広めていただいて、感謝しております。高井さんが教室でやってくれたごはん会も思い出深いです。おいしくて、器が素晴らしかったです。その高井さんも名古屋で店をオープンされて、りっぱになられて本当によかったです。とりとめなく書いてしまいましたが、今後もよろしくお願いします。 (Ka.Akさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

26 このたびは30周年本当におめでとうございます。今回、このような機会にご連絡を頂き、とてもうれしく思います。 出産の為お休みしてから6年あまり。特にここ数年第2子に恵まれてからは毎日が慌ただしく過ぎていき、お節の時にいくつか作ったりはしていたものの、正直「あんなに素敵なもの沢山習ったのになぁ、でも今は無理…」と自分で決めつけていたところがありました。 しかし、今回改めてレシピを見直してみると、すぐに手に入る旬のものや、そんなに時間をかけなくても出来そうで、子供も好きそうなものもたくさんあるではないですか!さっそく夏野菜の早煮を作ってみたところ、「冷たくっておいしい♪」と子供もおつゆまで全て食べてくれました。これからは、もっと旬のものに目をむけて、少しづつでも心が豊かになる食卓を目指して行きたいと思います。このような機会を持つ事が出来、感謝しております。ありがとうございました。そして、ますますのご発展をお祈りしております。 (Ka.Chさん)
 
27
63
 Haさんに声をかけてもらい、お教室に通うようになり、皆に会うのが楽しみでした。 新しいメンバーも皆さん個性的で素敵な方ばかりでした。 30周年おめでとうございます!!季節感ある食材を使った献立が毎回楽しみでした。節句料理が一年の節目で、大切にしていきたいと思いつつ、日頃に流されてしまうこの頃です。 作り方だけでなく、日本料理の精神というものを毎回教えて頂いた事が一番大きかった!と思います。 Ka.Icさんが超多忙なので、2人の意見をまとめました。宜しくとのことです。 (Fu.Maさん&Ka.Icさん)
 
28 上げればいくつも出てきますね!あと・・・夏の甘味で、くずきりに黒蜜の作り方を教えてもらった時は感動でした。隠し味に"酢"を入れるとは・・・(笑)それ以来、黒糖があれば作り置きしたりして・・・。桜餅やタピオカなど・・・お気にりを上げればいくつ出てきます。今でもオリジナルレシピ本(5冊)大事にしてお正月になると・・・活躍してくれていますよ!! (Ka.Noさん)
 
29 一昨年より、十二年ぶりにお教室に通わせて頂いています。二十数年前、キッチンウィッチでの最初のお料理は「てまり寿司」でした。赤貝の処理をしながら、真っ赤な汁が出るのが衝撃的だったのを覚えています。昆布だし鰹だしの取り方など、和食での「だし」の大切さを中島先生から初めて教えていただき、毎回とても新鮮な気持ちでお教室に通っていました。その気持ちは、今も変わっていません。中島先生の変わらないお人柄、変わらないお教室の雰囲気、バージョンアップしているお料理の数々、毎回楽しく新鮮な気持ちで参加させて頂いています。40周年に向け、中島先生の益々のご活躍、キッチンウィッチのご発展を心よりお祈りしております。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。 (Ki.Saさん)
 
30 30周年大変おめでとうございます。普段忙しく、あっという間に春夏秋冬が過ぎてしまう日々の中、私にとってこちらのお料理教室は、しっかり季節を味わう大切な機会になっています。また単なるテクニックだけではなく、日本料理の文化を楽しく学ぶことが出来、とても貴重なお教室だと感じております。中島先生のお人柄に甘え、先生や皆様にいつもご迷惑をおかけして心苦しいですが(=私が作るものは不細工になったり、ぬるかったり、必要なところを捨ててしまったり・・・涙)「継続は力なり」で、長く参加させて頂ければなと願っております。 (Ku.Kaさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

31 中島先生、三十周年おめでとうございます!いつも教室は明るく優しい雰囲気で、先生のお人柄そのものだなぁと思います。益々のご活躍を祈念いたします。 (Ko.Haさん)
 
32 毎月送られてくる献立の葉書、季節毎の料理内容と共に、先生のお人柄そのままの素敵な命名が本当に楽しみでした。30周年おめでとうございます。 (Ko.Seさん)
 
33 「野菜の煮物」のファイルばかり使っています。 使ったレシピは先頭に戻すので、ファイルの前のほうにはよく作るレシピがきます。少ない材料で、簡単にできて、日持ちのするものが繰り返し登場していますね。(お恥ずかしい・・・) とはいえ、中島先生にお会いしていなかったら、「いつかはきちんと料理をしよう」という願望をかかえたまま、もっと貧しい食生活を送っていたことは確実です。 お教室で、いろいろな人と知り合えるのも嬉しいことです。 ご自分でお料理の先生ができるような方も、私のようないい加減な生徒も、誠実に温かく対応してくださる中島先生の居心地の良さに、あっという間に30年たってしまったのですね。 道具類でも年を経ると付喪神(つくもがみ)になるようですが、キッチンウィッチにも、そろそろあやかしになりそうなウィッチ達がいっぱい居ついています。次の10年もお見捨てなきよう、よろしくお願いいたします。 (Ko.Akさん)
 
34 すっかりご無沙汰しておりますが、こうして改めて振り返ると、うう~、うかがいたい!来年こそスケジュールを調整して、キッチンウィッチで季節の味と香りを楽しみたいなあと思います。 (Sa.Yuさん)
 
35 教室に通うようになってから、季節の風を感じ、季節の食材に生かされているということを深く実感するようになりました。毎回、綺麗に彩られた献立の葉書が届くのを楽しみにしています。 日本人として、世界に誇るべき食文化を知り、伝えられる人間になるべく、先生の豊富な知識、経験、知恵をこれからも学ばせていただきたく存じます。今後とも、よろしくお願いいたします。 (Sa.Yuさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

36 30周年おめでとうございます。婚約したけれど、お料理作れません・・・・。がキッチンウィッチに通い始めたきっかけでした。日本料理屋さんでしか食べたことのないようなお料理が次々と完成していくのに驚き、そのお料理にふさわしい立派な食器の数々に目を奪われました。お料理の味はもちろんいうまでもなく最高でしたが、毎回お食事の時の会話がとても興味深く刺激になりました。キッチンウィッチですごした時間は、先生の心のこもった手作りのレシピとともに私にとっての宝物です。これからも先生のご健康とキッチンウィッチのますますの繁栄をお祈りいたしております。 (Sh.Toさん)
 
37 お教室に通うようになってから、レパートリーが増え、主人からとても喜ばれています。これからも宜しくお願いします。 (Sh.Chさん)
 
38 毎回お教室に行く度、お料理やお道具を使った手法などに、わ〜っと感動し、え〜カワイイっとなり、女子心をくすぐられます。食材の事も勉強になり、普段自分では手が出せていない物へのとっかかりができ、お料理のアイデアが増えていっています。今後の課題としましては、もっとお教室で習ったものを普段のお食事に実践していく回数を増やしていかなければと、今回のエピソードを書く時に今までのレシピを見返し実感した次第です。 (Sh.Kaさん)
 
39 いつもながらの先生の丁寧な説明にレシピ、そして旬を感じるテーブルセッティング。お稽古しててよかったと感じるひと時です。「30周年」これも先生のお人柄ゆえ。これからもお体に気をつけてがんばって下さいね。 (Sh.Maさん)
 
40 お教室に通っていた頃は毎月楽しみにしていました!先生のお話、皆さんとの会話!良い時間を過ごすことが出来ました! お陰様でその時のメンバーと食事に行ったり、旅行をしたり・・続いております!お料理教室は、私の大切な宝物です!ありがとうございます! (So.Maさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

41 茸尽くしの沢煮椀風、山菜春巻き、茗荷ご飯、うどの皮のきんぴら、さつまいものレモン煮、豚の生姜焼き、揚げ煮なすのゼリー寄せなどなど、日常のお食事にもキッチンウィッチで教わったレシピは大活躍しています。 もともと食べることとお料理には時間をかける家庭で育ちましたが、それでもキッチンウィッチに通うようになってからは、ますます和食に対する想いが深くなり、築地デビューも果たしました。 今では、季節毎に築地で食材を選ぶ楽しみ、食材だけでなく、器やお花など季節を感じさせるおもてなしなどを自ら心がけるとともに、そのようなおもてなしをして頂いたときに感じる喜びが大きくなりました。また、手作りのお料理を囲んで家族や友人と過ごす時間の楽しみを日々実感しています。 母の実家が曹洞宗の禅寺であるため、典座教訓の教えから食事の大切さだけでなく、食事を作ることの意味や心構えといったものを日頃から意識してきました。 昨今の日本、特に東京は、なんでも便利でスピーディーであることが豊かさの象徴のようになってしまっていますが、手をかけること、季節を味わうこと、五感を研ぎ澄ませることの心地よさを忘れずに、これからもお料理について積極的に勉強していきたいと思っています。 キッチンウィッチに通わせていただくようになって、5年半。お教室のメンバーの中ではまだまだ若輩者ですが、この5年半を振り返って、食生活がとても豊かで味わい深いものになったと感じています。 そして何より食に関わっている時間がとても好きだということに気が付きました。レシピだけでなく、季節毎に変化のあるお教室の置き物やお花、真夏の冷やしたお手拭き、真冬の葛湯など、中島先生の温かいお心遣いを日々学ばせていただき、感謝しております。これからもご指導いただきたく、どうぞよろしくお願いいたします。 (Ta.Keさん)
 
42 キッチンウィッチには2006年6月から約1年半通っておりました。毎回、作るのが楽しみなレシピの連続で、他の生徒の皆さんとワイワイしながら作って、一緒にいただくのがとても楽しいひと時でした。生徒の皆さんも個性いろいろで、料理以外のことにもいい刺激をいただき、教室に参加すると前向きなエネルギーを充電できる気がしていました。何より、教室の雰囲気を上品に柔らかくまとめて下さっていた先生が魅力的でした。出産を機にしばらく教室から離れてしまいましたが、来年は子どもも小学生。手がかからなくなりましたので、また教室に復活させていただきたいと思っています。ますますのご発展を! (Ta.Muさん)
 
43 30周年、おめでとうございます。ご無沙汰しております。退職した現在、できるだけ手作りの食事にしているのですが、簡単なものばかりになってしまいます。一応、健康を考え、味噌汁は煮干しでだしを取り、その煮干しも食べちゃうとか、納豆は毎日1回は食べなくてはと思い、飽きないためにはと、すごく適当なことをやって食べたりとか、中島先生が聞いたらびっくりするようなものを考案して食べています。(実はそれでも全く気にならない私ですが(笑))ということで、アンケートは思い出のメニュー3品になりました。自分ひとりでもたまには作ってみようかなあ。。。という気にだけさせていただきました(笑) (Ta.Shさん)
 
44 キッチンウィッチで出会ったYoちゃんに慶應大学の仕事を紹介され16年が経ちました。そして今その仕事が終わろうとしています。私の人生にとって思い出に残る職場でした。たくさんのすばらしい、良い方々に巡り会えました。それもひとえにキッチンウィッチのおかげととても感謝しています。どうもありがとうございました。これからもお教室が末永く続くことを願っております。 (Ta.Yuさん)
 
45 キッチンウィッチでお世話になって早20年、自分の台所を持てるようになってからは10年、おかげさまでお料理はもちろんですが、食材やお道具、器、それに季節ごとのしつらいなどにも興味、楽しみがますます広がりました。それにお教室でのお食事中の中島先生を囲む団欒や、親しくしてくださる皆様にお会いできるのも楽しいひとときです。考えてみると私の人生はキッチンウィッチの影響がとても大きいんだなとつくづく感じます。中島先生本当にどうもありがとうございます。こうして振り返ってみる機会を与えてくださり、先生を始め、事務局の皆様に心より感謝申し上げます。 (Ta.Hiさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

46 先生の所に通って15年が経ちました。下の中くらいの腕でしかなかった私が一応恥をかかない位まで成長したのは本当に根気強い先生のお力とわかりやすいレシピのおかげです。この間、2度も結婚してしまいましたが(笑)、一度目の結婚の時には先生のところのレシピが「舅・姑対策おもてなし料理」として大活躍しました。こういったお料理をお出しすると、評価が上がるんです(笑)。今の旦那は実家が関西で遠いのでそういった機会はずいぶんと少なくなりましたが、他の機会でもお客様をお招きして手料理をふるまう時にも自信を持てるようになりました。私は恐らく皆勤賞だと思うのですが、以前は月1回だったお教室が2か月に1回になり、キッチンウィッチを癒しの場としてこよなく愛してきた私としてはさみしい限りでございます。先生、これからも私たち多種多様な生徒のご指導のほど、何卒宜しくお願いいたします。 (Ta.Yaさん)
 
47 料理だけでなく、食材や道具、食器のご説明を聞くのをいつも楽しみにしています。 教室に通い始めてからは、余裕があるときだけですが、だしを粉末ではなく自分で取るようこころがけるようになりました。家では娘もいたり、おなかをすかせた旦那もいるので、適当にぱぱぱっと作ってしまいますが、時間をかけて丁寧に料理することの楽しさを教室で体験させていただいています。 (Ta.Maさん)
 
48 あと、白和え、ごま酢あえなど、あえ物などの調味料の配合に利用しています。 キッチンウィッチのおかげで先生とは30年以上の友情を育んできました。また、多くの方との出会いもあり、感謝しております。 先生も書いておられるように、発足当時30年も続くなんて夢にも思いませんでしたね。その時から先生の温かい人柄は変わっておりません。それがこれまで続いた理由の一つでしょうね。これからも続くよう祈ってます。 (To.Atさん)
 
49 先生30周年おめでとうございます。毎日のお料理で先生に教えていただいたこと感謝しています。 整形外科に入院中に、廊下をリハビリで端から端まで歩いていました。私の病室が端で反対の端の病室がSaさんの病室でした。病室の開いている入口からベッドの上のSaさんが声をかけてくださいました。入院中から先生のお料理教室の話は伺ってたように思います。 そしてお互いに治ってから、待ちに待った先生のお教室に連れていっていただきました。当時、私に「最年少よ!」とおっしゃってくださったのが今思い出すと懐かしいです。 体調を崩し、昆布や海苔、寒天などの食材をさけなければいけなくなり、お休みしたのが残念でした。通院は続いておりますが、それほど気にしなくても大丈夫になりました。 先生に教えていただいたことを、家でも活かしていきたいです。 (To.Hiさん)
 
50 先生の印象的な語録、「今月は鯛ばかり食べてるんで」と。決して贅沢されてる訳ではなく、その月のお料理が"鯛づくし"だったのです。「食欲のない時、このみょうがと生姜のごはんならいただけるんですよね」 と。先生のお料理は美味しいものばかりで食欲がなくなる時がないと思いました。生徒さんも素敵な方ばかりで花園のようだったこと、みなさんと築地に行ったこと、ブレーク前の野崎さんのお料理を堪能したこと、魚屋(魚真)さんがTOKIOの松岡君に似てたこと、おせちの注文をみんなで作ったこと…楽しい思い出がいっぱいで、30周年の会が楽しみです! (Na.Yoさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

51 この度は、30周年、おめでとうございます。私は、'89年4月から6年ほど通わせていただきましたが、先生と、お教室で出会った方々のことは、とても懐かしく、楽しかった思い出ばかりです。先生に教えて頂いたことは、今でも日々役にたっていますので、先生には、とても感謝しております。ありがとうございました。これからも、先生とKitchen Witch の、ますますのご活躍とご発展をお祈りしています。 (Na.Keさん)
 
52 今では材料が無くなってしまった「鎧かれいの飴だき」が好きでした。一度油で揚げるという手間はかかりましたが、田作りとは又違った美味しさでした。丁寧な説明とレシピの御蔭で何年経っても、作れる事は有難いです。これからも宜しくお願い致します。 (Na.Kaさん)
 
53 月日が経つのは早いですね。30周年記念祝賀会を楽しみにしています。 (Na.Maさん)
 
54 私はキッチンウィッチに通い始めてまだ1年と半年弱、まだ新参者です。和食は自分流で何となく本やテレビの料理番組を見て、見よう見まねで作っていましたが、お教室に通い始めてから正しい知識や調理の仕方、お料理に関するアイデアや段取りなど様々な事を学ぶことが出来て、料理と生活の幅が広がりました♪ このお教室には本当に様々な活躍をされている方々が多くいらっしゃって、中島先生を始め、普段出会えることのない様々な素敵な方と、お料理を通じて知り合って色々なお話を聞けることも毎回楽しみです。趣味のお料理を通じて、色々なお話が聞けるのはとても楽しいし刺激になり、自分の世界が広がります。 キッチンウィッチでは、自宅でも比較的作り易い材料で、且つ、お店に出てくるのと同じ様なお料理を作れるところが凄いなと思います。まだ作ったことのないお料理も多いので、どんどん復習して私のキッチンにもウィッチが来るように頑張りたいと思います♪ (Na.Asさん)
 
55 番外ですが、やはりなんといっても、始めてキッチンウィッチに通い始めた1991年9月14日(土)13:00~の献立のすべては、私にとっては一番の思い出で忘れられません。萩の花の絵の葉書が届き、伺うのがとても楽しみだったのを今でも鮮明に覚えています。季節感を旬の食材や盛り付け、そして器や自分の目や舌で味わうことができた数々のお料理に感動し、日本人に生まれてきて本当に良かったと改めて実感させられました。 特にお吸い物は、1982年9月15日敬老の日に天国に旅立った祖母が作ってくれていた味、そのものだったのです。以来、私はすっかりキッチンウィッチの虜になり、現在も通い続けています。中島先生、これからも色々なお料理を教えて下さい!! <その日のレシピ> ☆月見膳盛り合わせ:衣かつぎ、いかの白菊づくり、月見うさぎ、みょうがずし ☆焼きもの:かますのつけ焼きつま折り ☆汁もの:むら雲汁 ☆御飯:萩ごはん ☆水菓子:巨峰のみぞれあえ (Na.Miさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

56 先生のお料理、味はもちろん、盛付けの美しさ、遊び心…なかなか旬を感じながら生活することが少なくなってきた日常で、日本の繊細な良きものを再認識させていただいてます。先生のところに行くことを勧めてくれた姉に感謝です!以上です。いっぱいありすぎで、まとめきれず。よろしくお願いします。 (No.Yuさん)
 
57 ハレの日の料理は食べておいしい、目にあざやか。でも私はジミ〜な普通の日の料理が好き。香水よりもゆずの香り、山椒の香りが好き!! (Ha.Juさん)
 
58 中島先生のお料理が美味しいことは勿論ですが、器や盛り付けも素敵なので、勉強になりますし、毎回楽しみです♪ (Ha.Naさん)
 
59 10年ちょっと通っているので、習った献立もたくさんありすぎて、、、この回答を書いている今がちょうど夏のため、夏の献立がつい頭に浮かんできてしまってそのような回答になってしまった気が自分でします、、、(^^;)10年通っても同じ献立をまた習ってもちっとも飽きないです、先生いつもありがとうございます!目下の悩み?というか課題は、ずっと増えていくレシピと写真とはがきをどのようにして管理したら、一番使いやすいのか、ということですが、、みなさまどのように管理していらっしゃるのか、一度お伺いしてみたいです。 (Ha.Maさん)
 
60 早いもので10年もの間お世話になっておりますが、毎回お献立が新鮮で先生の苦労に感じ入ります。そして和やかなお教室の雰囲気が大好きです。 (Hi.Saさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

61 「刺身いろいろ」コメント:サクで買うようにしています。盛り付けがワンパターンになっていますが…。遠くの方から先生の声が聞こえてきます?! 甘味の少ない「さつまいも」は「レモン煮」にしたりと、何となく教えて頂いたメニューが思い出されます。 最近手に入れやすくなった「飛び魚」も食卓に上がるようになりました。 素材を見て「あ!あれを作ってみよう」と脳細胞が動いてくれるのは、キッチンウィッチで美味しいものを食べた事が『ありがたや〜!!』なんだと思う今日この頃です。 (Hi.Ayさん)
 
62 その他にも、季節になると野菊ずし、冬瓜と鶏ひき肉の炒り煮、和風ミートローフ、秋冬野菜の九十九汁、キノコ沢煮椀・・・重宝なメニューとして食卓によく上ります。柚子味噌入り白玉団子のお吸い物は、味も見た目も最高に気に入っているので、何かの時に作ろうと思っている秘蔵の一品です。中島先生と出会い、キッチンウィッチに通わせていただくようになり、早くも4年近くになりました。お教室で先生のお料理に出会うことはもちろんですが、先生はじめ生徒の皆様方にお会いし、お話できることも楽しみにしています。先生の気取らない優しい雰囲気が場の空気となり、とても居心地がいいお教室で有難く思っています。年々、食の大切さを、身をもって感じるようになって来ました。キッチンウィッチで学んだお料理は、どれも身体に優しく浸み込むような美味しさで、日々の食卓で重宝しています。お料理には全く自信がなかった私ですが、先生のところで学び、未熟ながらも何とか人様に喜んでいただけるものを作れるようになりました。手作りのお料理が、こんなにもコミュニケーションの手段となり、人を励まし、心を満たすものだということにあらためて気づかされました。「Saちゃんの卵焼き」は本当は「中島先生の卵焼き」なのですが(笑)、何とか私の卵焼きになるように、これからも愛情込めて作っていきたいと思っています。 (Hi.Saさん)
 
63
27
 Haさんに声をかけてもらい、お教室に通うようになり、皆に会うのが楽しみでした。 新しいメンバーも皆さん個性的で素敵な方ばかりでした。 30周年おめでとうございます!!季節感ある食材を使った献立が毎回楽しみでした。節句料理が一年の節目で、大切にしていきたいと思いつつ、日頃に流されてしまうこの頃です。 作り方だけでなく、日本料理の精神というものを毎回教えて頂いた事が一番大きかった!と思います。 Ka.Icさんが超多忙なので、2人の意見をまとめました。宜しくとのことです。 (Fu.Maさん&Ka.Icさん)
 
64 「おしどり模様(形?)のお皿の思い出」代々木八幡のマンションでのお教室時代、お隣の部屋の男性をお教室にお招きした回に参加致しました・・・。お忙しい省庁にお勤めのお隣の男性が、皆が食べ終わってしまうかな?・・・くらいの頃にいらして、若い(かどうかは忘れましたが(笑)、みな良いお年頃の)たくさんの女性に囲まれて、質問攻めに(笑)。無難に誠実にお答えになっているところに、中島先生が「ご飯のお代わりはいかが?」なんて助け舟(?笑)を出していたような気がします。甘味として作った花見団子(生麩の和三盆かけ)、なんだか男性にはとてもかわい過ぎて、ひと口で終わってしまったのがなんとも印象的でした(笑)。その時のお料理の集合写真の中央にある、あのおしどり型のお皿が印象的だったので(他の献立にもそのお皿は登場していますが)、そのお皿を見ると私はいつもあの時の事を思い出しております・・・(笑)。 (Fu.Yoさん)
 
65 お教室に通い始めて、お料理はお店で食べて味を覚え、料理本で作り方を見れば作れる物だと思っていたので、これまで教室に習いに行くという発想が持てませんでした。でも4年前、初めてお料理教室(キッチン・ウィッチのこと)に来てみて、たくさんのコツや便利な道具、食材などを教えていただき、目からうろこでした。来ていらっしゃる他の生徒さんも皆さんステキな方ばかりで、一緒に作業したり食事したりお話しをしたりで楽しい時間を持てますことに感謝しております。習った物をなかなか家では作れず、いつもありきたりの簡単な食事になってしまっていますが、時々いただいたレシピを眺めて味を思い出すだけで幸せです。先生いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。 (Fu.Maさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

66 この度30周年をお迎えになること、心からお慶び申し上げます。また事務局の皆様には、心から感謝申し上げます。アンケート提出はまだまだ先の事と見送っておりましたら、この暑さにすっかり失念しておりました。もう締め切りギリギリで申し訳ありません。 取り急ぎ、家庭の食事、家族の食卓でよく作っているレシピを回答させていただきました(殆どお肉のレシピですが...)。 先生のレシピでいっぱい美味しい幸せを頂戴した我が家の子供たちが、12年ほど前キッチンウィッチ(魔女の人形)をプレゼントしてくれました(親ばか全開です)。台所の魔女と共に過ごしてきて、今、もっともっと、美味しい幸せレシピをいただきたく、この度長いブランクを経て昨年末よりお教室に参加させていただき、とても嬉しく思っています。 追伸:つたない文章でアンケート回答をさせていただきました。誤字脱字がございましたら遠慮なく訂正して下さいませ。 (Ma.Taさん)
 
67 大変ご無沙汰いたしております。このたびは30周年、本当におめでとうございます。 初めて富ヶ谷のお教室に伺ったのは1990年のことでしたので、あれからもう24年も経つことに改めて驚きます。 ずっと自宅住まいで料理の経験もなかった私でしたが、小さなキッチンでみんなで作る素敵なおもてなし料理の数々に、毎回毎回感動し、少しずつですが自分で作る楽しさも感じるようになりました。 その後、縁あって料理雑誌の発行に長年携わることになりましたが、私の食材や調理に関する知識はすべてKitchen Witchで学んだことが基礎となりました。中島先生との出会いがなければ、このような仕事に出会う機会もなかったのではないかと思います。本当に感謝しております。 ホームページの「献立一覧」をあらためて拝見しますと、懐かしさでいっぱいになります。鳩のお皿や、菊のお皿、麦わらの蓋付きのお茶碗などなど、現役で活躍中なんですね! 旬の素材を美味しくいただくこと、季節ごとのしつらいを楽しむことが日本料理の素晴らしい文化だと実感します。 ますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。これからも宜しくお願い申し上げます。 (Ma.Miさん)
 
68 茄子料理も大好きなものが多く、どれを選んでよいか迷ってしまいました。お料理の美味しさだけでなく器や盛り付け等、常に常に感動の瞬間を味あわせていただいております。有り難うございます。 (Mi.Moさん)
 
69 30周年おめでとうございます。慌しい毎日の中、先生のレシピを見ると、丁寧にお料理をしなければ!といつも初心に帰らせていただいております。益々のご発展をお祈りしております。 (Mi.Teさん)
 
70 早いもので中島先生にお料理を教えていただくようになって14年になります。食べることが大好きな私ですが、お料理教室に通うのは初めてだったので、一番最初に参加する際はドキドキしながら教室に伺ったのを今でも覚えています。KWに通う前は簡単なものしか作れなかった私ですが、KWに通うようになってからは、少し時間がかかるものでも美味しいものは作ってみようと思うようになり、我が家の食卓にはKWのお料理が並ぶ日が本当に多いです。(今日はあいなめの揚げ煮でした!)特におせち料理はKWで習ったものばかりなので、KWに通う前は何を食べていたのだろうと考えるのですが思い出せないです(笑)それ位、我が家では中島先生のお料理が浸透しています。中島先生にお料理を教えていただいてからは、食材、食器といったものにも興味をもつようになり、先生がお持ちのものを少しですが真似してみたり、食材もKWで使ったものを見つけると手に取るようになりました。KWに通ってお料理の楽しさを教えていただき感謝しています。これからも美味しいお料理を教えていただくのを楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。 (Mi.Taさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

71 だし味のきいたお料理がとてもおいしいです。素敵な器も目の保養になっています。 (Mu.Hiさん)
 
72 お教室に通っていた頃をなつかしく思い出しています。キッチン・ウィッチのお教室の一番良いところは、先生のやさしさ、あたたかさに包まれているところだと思います。 (Mo.Ryさん)
 
73 30周年おめでとうございます。KWのレシピはいつでも"あの味!"が再現できるので、本当に安心レシピです。やっぱりすごく美味しいのです。また、KWメモが大好きで、何度も読み返していました。 家を建てる時も、台所にKWのレシピ棚を作り、すぐに手に取れる所に置いてあります。 遠くに嫁がなければずっと続けたかったお教室です。 (Mo.Miさん)
 
74 お教室で習ってまず嬉しかったのは、 @魚をおろせるようになったこと(魚種は限定/笑) お魚を下す機会はなかなかないんでは??と思います。「魚を自分でおろせる」これってとっても嬉しいこと。店頭で「おろしますか?」ってきかれて、他のお客さん達が「お願い」する中、「いいえ〜。こちらで致します♪」と微笑んで答える時のちょっとした子供ちっくな優越感がたまらない(笑)手間もありゴミも出ますけれど、自分でおろしてすぐお料理したものの方が、愛情たっぷりで美味く食べてもらえる(と思う)。お教室で鯵を習って、初めて小出刃を買いましたv Aお出汁をとることが「あたりまえ」になった。 日本の出汁は簡単に作れるのに、ホントに美味しい。食事の支度をするにあたって、まずは出汁がとれてないと落ち着かない(笑) B自分の好みの味を「おいしい基本」があった上で「作り出せる」ようになったのが嬉しい。 C薬味がカラフルv 紫蘇・茗荷・小葱・白髪葱・貝割れ・生姜・大根おろし…etc。お料理に合わせて、付け合わせるのが楽しい。紫蘇・茗荷・貝割れ等の薬味セットを作りおけば、単純な「冷奴」や「卵かけごはん」が簡単に美味しくなるのが嬉しい。 …以下、きりがないのでこの辺で。ホント日々勉強です。ありがとうございます! (Ya.Naさん)
 
75 ご無沙汰しております。30周年おめでとうございます。お料理教室を開く話を姉から聞いておりましたので、本当に頑張ってこられて姉も喜んでいると思います。 私も途中から通わせていただき、現在主人にあのときのお教室が役に立っていると言ってもらっております。ありがとうございました。 (Ya.Miさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

76 鮑の薄衣揚げも作りたいのですが、2人暮らしなので、まだ挑戦出来ておりません。 (Ya.Miさん)
 
77 すぐに取入れられる簡単レシピから、なかなか家庭ではお目にかかれない高級食材を使ったお料理まで、いつもとても楽しみでわくわくします。凝ったメニューは正直なかなか再現できません、ですが、習った!というだけでいいんです!!いつでも再現できる(?)という気分で自己満足感半端ないですから。食材だけでなく、便利な道具や美味で本格的な調味料との出会いも興味深いですし、先生のお人柄や楽しい皆様に助けられての毎回あっという間の夢時間、、、私にとっては年8回の贅沢時間、感謝です!!! (Ya.Maさん)
 
78 Ko.Akさんにご紹介していただいて、お仲間に入れていただきました。あまりお料理が得意ではない私は、第1日目は緊張しての参加でしたが、中島先生の優しい楽しい説明やなごやかな雰囲気にほっと一安心。お教室にうかがうのが楽しみで、気が付いたらもう8年になります。お料理が上手になったかというとまだまだですが、たくさんの素敵なレシピを見ながら、季節ごとのおいしいお料理を楽しめるのは本当に幸せです。ありがとうございます。 (Ya.Emさん)
 
79 <幸せな気分と挑戦欲と>お教室を出ての帰り道がいつも幸せな気分になるのは私だけでしょうか。それに加えて挑戦欲がわいてきます。帰りに渋谷の東急で買い物をしてその日にいくつかを作ることに決めています。味を覚えているうちに作るのと冷蔵庫にレシピを貼っておいてほぼ全部作るのとファイルへ入れることをルールにしています。
<様々な世界のお話を聞ける楽しさ>お教室で出会った仕事も年代も違う方々のお話を伺うのも楽しみです。そこで様々なことを教えていただいております。おいしいレストラン情報、運用のポイント、ピアニストの先生からは悩んでいる友達のお嬢様へのアドバイスなども伺いました。様々なお仕事につかれている方々のさりげないことばの数々もとても魅力です。食器を洗いながら、看護師さんのお仕事の大変さにため息をついたり、お医者様の日常を伺ったり、建築設計の視点を教えていただいたり、こんな場は他にありません。本当は質問攻めにしたいところをいつもじっと我慢しております。
<我が家の食卓で料亭に挑戦>我が家の食卓の変化はまず季節の旬の食材が乗るようになったこと、季節のみずみずしい食材の醸し出す輝きに出会うことが何よりも楽しみになったことなど書き出すときりがありません。緊張する再現の場として、家に主人の会社の外国の方々、スイス、ドイツ、チリ、南アフリカなどの方々を家のお呼びしました。主人の仕事にも多少役立ったのかなと思えることと、自分の仕事にも役立つお話が沢山聞けました。
<友人とさらに磨きをかける会を>さらに友人と3人でお互いの家で順番に新しいお料理と何か自分が今興味あるもののテーマの発表の場を定期的にもっていますが、その場でも私のチャレンジの数々は好評です。
<主人のうれしいひとこと>何よりもよかったのは、最初は私のお料理に「僕は一生おいしいものと縁がないんだ」と嘆いていた主人が「家でおいしいものを食べているので外食の日本料理に興味がなくなった」と言ってくれることです。 (Yu.Miさん)
 
80 他にも沢山大好きなレシピがありすぎて全然書ききれませんでした・・・・。集計が大変だと思いますが、皆さんのご意見も楽しみにしています。宜しくお願い致します。 (Yo.Seさん)

このページのトップへ戻る  このページを閉じる

81 レシピを見返してみたら、もう4年近くも先生にお世話になっていることに気がつきました!毎回とても楽しくて、あっという間だったので、そんなに長い期間通っているとは思いませんでした。普段つくる料理は簡単なものが多いですが、教えていただいたお料理のなかで、忘れられない味もたくさんあるので、機会があれば必ず作ろうと思っています。(鴨のカプチーノ焼き、茶ぶりなまこなど、家で作れるとは思ってなかったので、忘れられません)これからも素敵なお料理を教えていただけることを楽しみにしております。母、姉共々、どうぞよろしくお願いいたします。 (Wa.Chさん)
 
82 先生、今回このアンケートに回答するにあたって、今までのファイル5冊ほど懐かしくみておりました。また、初心にもどって習ったお料理を作りたいと思いました。月日の経つのは本当に早いですね。これからもお体に気を付けてご活躍下さいね。 (Wa.Chさん)
 
83 30周年おめでとうございます。私がお教室に通うことができなくなってから、7年が経ちました。ワイン教室で大変お世話になり、その間5年間先生から素晴らしい数々のお料理を学ぶことが出来ました。 おかげさまで、家庭でも大活躍です、と胸を張って言いたいところなのですが、私の今の生活で活躍しているレシピは、上記の他に巻き寿司やちらし寿司など、普通の主婦が作っているものばかりかもしれません。 しかしこのレシピのお影で我が家で活躍していない(しきれていない)お料理は、先生のところで学ぶことができて本当によかったと思うものばかりです。今まで自分で作るなど考えもしなかったものが、作ることが出来ると分かったときの感動は今でも忘れられません。素晴らしい食材、機能的な調理器具、美しく洗練された器、しつらいなどすべてが夢のような世界でした。 先生に教えていただいた調理法で、これまで敬遠していた食べ物が好きなものに変わったものも数多くあります。それ以来、料理を美味しくする食材選び、調理法をきちんと学べば好き嫌いを減らすことができると思うようになりました。 また、お教室でご一緒させていただいた生徒さんは様々な分野で活躍されている方も多く、いつも楽しい話題を提供していただき、今でも思い出す数々のシーンがあります。そして優しくいつも謙虚な姿勢で指導してくださる先生にいつも癒されていました。 お料理も素晴らしいのですが、それ以上に先生のお人柄が素晴らしくて、Kitchen Witchには素敵な方たちが集まるのだと感じていました。 また今回のアンケートをきっかけにお教室でのことをいい思い出だけにしてしまわずに、学んだことを少しずつ実践していきたいと改めて感じました。ありがとうございました。先生の益々のご活躍心よりお祈りしております。 (Wa.Toさん)

このページのトップへ戻る

なお、掲載内容に不都合がありますときは、恐れ入りますが番号、コメントのイニシアル、不都合な部分をキッチンウィッチまでご連絡ください。速やかに対応いたします。
 
キッチンウィッチ


このページを閉じる